メニュー
トップページ
管理業務主任者とは
管理業務主任者の仕事
この仕事の魅力?
その先のキャリアパス!
試験の概要
試験の合格率・難易度
教材など試験の準備
効率的な勉強法は?
独学の厳しさとは
通学のたいへんさとは
勉強時間を稼ぐには
私の合格体験記



合格できる通信講座トップ3
No.1【フォーサイト】
コンパクトにまとまった教材に、合格に必要な最小限の情報量が詰まっています。合格ラインを超える実力を育てる、効率・合格率ナンバー1の勉強方法です。
>>資料請求はこちら

No.2【TAC】
基礎力の徹底指導に定評ある専門学校です。「通学」で管理業務主任者を目指す方への一押し校です。
>>資料請求はこちら

No.3【ユーキャン】
CMでおなじみ。問題集など追加教材が必要となる可能性はありますが、イラストや図表を多用した教材で入門には最適。
>>資料請求はこちら

毎年2万人超が受験する、いま最もホットな国家資格!
「管理業務主任者@試験の難易度・仕事情報」

トップページ

「管理業務主任者@試験の難易度・仕事情報」のページへお越しいただきありがとうございます。当サイトは、マンション販売業から管理業務主任者(管理会社勤務)に転身した管理人が、管理業務主任者試験の難易度をはじめとする試験情報、またこの仕事の魅力について詳しく解説しています。

不動産・建築分野の仕事にずっと関心を寄せてきた管理人は、もともと文系の出身です。社会人の経験(分譲マンション販売営業)を重ねるにつれて、この業界で、どうしても何かしらスペシャリストになりたい欲求を持つようになりました。

いろいろ考えあぐねた結果、まずはなりたいと思ったのが、試験の難易度もそれほど高くはないと思えた管理業務主任者でした。

管理業務主任者は、会社のなかでも独占業務の権利を持ち活躍することができます。
管理業務主任者は、広くマネジメントスキルを磨きながらキャリア形成できます。
そして管理業務主任者の有資格者には、さらに上位の国家資格者へとステップアップしやすい利もあります。
また、いま全国のマンションが置かれているきびしい状況は、管理業務主任者には反対に安定性をもたらす追い風にさえなっています。

試験の難易度が気になる管理業務主任者。まだ新しい資格この資格こそ、将来が有望な、最もホットな資格のひとつと言えるでしょう。

実務にたずさわる僕の目線で、なるべく具体的なエピソードを盛り込むよう心掛けこのサイトをつくりました。
よろしかった、ぜひ最後までお読みになってください!

次のページ >>