メニュー
トップページ
管理業務主任者とは
管理業務主任者の仕事
この仕事の魅力?
その先のキャリアパス!
試験の概要
試験の合格率・難易度
教材など試験の準備
効率的な勉強法は?
独学の厳しさとは
通学のたいへんさとは
勉強時間を稼ぐには
私の合格体験記



合格できる通信講座トップ3
No.1【フォーサイト】
コンパクトにまとまった教材に、合格に必要な最小限の情報量が詰まっています。合格ラインを超える実力を育てる、効率・合格率ナンバー1の勉強方法です。
>>資料請求はこちら

No.2【TAC】
基礎力の徹底指導に定評ある専門学校です。「通学」で管理業務主任者を目指す方への一押し校です。
>>資料請求はこちら

No.3【ユーキャン】
CMでおなじみ。問題集など追加教材が必要となる可能性はありますが、イラストや図表を多用した教材で入門には最適。
>>資料請求はこちら

管理業務主任者の試験の概要

試験の概要

  • 受験資格
    一切ありません。年齢・性別・学歴等に関係なく誰でも受験できます。
  • 試験スケジュール
    年1回。通常12月の第1日曜日に行われます。
  • 試験会場
    北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県、沖縄県、計8地域
    ※受験申込者は、上記8地域より選択することができます(会場指定不可)。
  • 試験科目(試験が実施される項目/出題範囲)
    • 管理事務の委託契約に関すること。
      (民法(「契約」及び契約の特別な類型としての「委託契約」を締結する観点から必要なもの)、マンション標準管理委託契約書などです)
    • 管理組合の会計の収入及び支出の調定並びに出納に関すること。
      (簿記、財務諸表論などです)
    • 建物及び附属設備の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整に関すること。
      (建築物の構造と概要、建築物に使用されている主な材料の概要、建築物の部位の名称等、建築設備の概要、建築物の維持保全に関する知識及びその関係法令(建築基準法、水道法等)、建築物の劣化、修繕工事の内容及びその実施の手続に関する事項などです)
    • マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること。
      (マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針 等)
    • 前各号に掲げるもののほか、管理事務の実施に関すること。
      (建物の区分所有等に関する法律(管理規約、集会に関すること等管理事務の実施を行うにつき必要なものなどです)
  • 試験方式
    マークシート方式の筆記試験 四肢択一式(出題数50問・試験時間2時間)
  • 合格発表
    例年翌年1月の下旬に行われます。
    (社団法人高層住宅管理業協会から、試験の全受験者に合否通知が送付され、合格者については合格証書が併せて送付されます。また合格者の発表は官報で公告されます。)
  • 受験手数料 8,900円
  • 詳細問い合わせ先
    社団法人 高層住宅管理業協会
    〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-13-3 虎ノ門東洋共同ビル2F TEL 03-3500-2721
    http://www.kanrikyo.or.jp/index.html

次のページ >>