メニュー
トップページ
管理業務主任者とは
管理業務主任者の仕事
この仕事の魅力?
その先のキャリアパス!
試験の概要
試験の合格率・難易度
教材など試験の準備
効率的な勉強法は?
独学の厳しさとは
通学のたいへんさとは
勉強時間を稼ぐには
私の合格体験記



合格できる通信講座トップ3
No.1【フォーサイト】
コンパクトにまとまった教材に、合格に必要な最小限の情報量が詰まっています。合格ラインを超える実力を育てる、効率・合格率ナンバー1の勉強方法です。
>>資料請求はこちら

No.2【TAC】
基礎力の徹底指導に定評ある専門学校です。「通学」で管理業務主任者を目指す方への一押し校です。
>>資料請求はこちら

No.3【ユーキャン】
CMでおなじみ。問題集など追加教材が必要となる可能性はありますが、イラストや図表を多用した教材で入門には最適。
>>資料請求はこちら

管理業務主任者受験で、通学は時間や体力との戦いに

通学のたいへんさとは

管理業務主任者受験で、通学は時間や体力との戦いに

管理業務主任者の学校に入って、試験突破を目標にがんばろうという方もいらっしゃるでしょうね。

それはそれでいいと思います。僕の考え方では、通学はあまりおすすめできないのですが、人には人の考え方がありますから押し付けるわけにはいきませんので。

もちろん僕には僕なりに、通学が管理業務主任者合格に有効ではないというヴィジョンのようなものがあります。それは、僕にも受験中はわからなかったのですが(合格して管理業務主任者のことにだいぶ詳しくなったからこそわかることなのですが)。

まず通学では、ロケーション上の有利・不利があります。毎日通学しても全然重荷にならない場所に学校があるのだったらいいと思います。でもそれは一種の偶然ですよね? そんなラッキーな方は少ないでしょう。通学するのがしんどいようだったら、勉強に打ち込めないと思います。

それに、通学から帰ってからも勉強しないといけないと思います。学校の授業だけで勉強が完結するわけがないですよね。それのしんどさは、ちょっとどころでは済まないでしょう。
学校には自習室のような設備があるようですから、それをちょくちょく使える立場の方だったらだいぶ救われそうですがね。

最後に、最近の資格の学校は経営状況がかんばしくないところが多いと聞いています。管理業務主任者の講座を持っている学校も減っているような噂があると思います。
つまり、学校の講座の質が年々低下している恐れがあるということですね。このようなことを書くのは気が進まないですし、そのような学校はごく一部だろうと思いたいのですがね。
それでも、学校に入るのだったら、貴重な大金を払う以上は、講義や講師の質がどうなのかよく物色するべきではないでしょうか。

次のページ >>